【アウトプット大全】で心に響いた5つのポイントとは?

 

今回は、
『学びを結果に変えるアウトプット大全』を紹介します!

 
 

どんな内容なんだろう~!

 

こんな方におすすめ

  • 本を買う前にどんな内容か知りたい!
  • この本、気になってた!
  • 成長を加速させていきたい!

100文字あらすじ

日本一アウトプットをしている精神科医」が、あらゆる行動における結果の出し方を記している。

「書く」「話す」「行動する」という3つの行動形式において、現実世界を変える80のアウトプット術を学べる1冊。

著者について

著者

著者は樺沢紫苑氏です。この本の略歴から引用すると、

1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。

2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。

帰国後、樺沢心理学研究所を設立。

SNS、メールマガジン、Youtubeなどで累計40万人以上に、精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝え、「日本一、情報発信する医師」として活動している。

 

たくさんの本を出している方だよね~!

 

内容

内容

第1章 アウトプットの基本原則

第2章 科学に裏付けられた、伝わる話し方

第3章 能力を最大限に引き出す書き方

第4章 圧倒的に結果を出す人の行動力

第5章 アウトプット力を高める7つのトレーニング方法

という形で記されています。

全5つの章を通して、

『インプットは「脳内世界」が変化するだけ。アウトプットして初めて「現実世界」が変わる』

という主張に基づいてあらゆる行動方式が説明されています。

そして、アウトプットという観点に限らず、様々な行動に関してのより良い成果をあげるための方法が述べられています。

一番心に響いた主張

開始前の質問が学びの方向性を決める

プラン

【質問をする】の節では、セミナーや会議、読書など、知識を入れる状況において、

『事前の意識の重要性』を学ぶことができます。

自分が何をいちばん学びたいか?を自分に質問することで、その内容に注意が向くようになる。

話の中で関連する内容が出たら、「それは自分の知りたかった内容だ!」と集中力が高まります。


このようになる理由として、「カクテルパーティ効果」が取り上げられています。

カクテルパーティ効果

多くの人がいる騒がしい環境でも、
自分の興味ある単語や内容は頭に入ってきやすいというもの
カクテル

人混みや雑踏の中でも、

自分の名前や自分の興味があるキーワードを自然に聞き取ることができる現象を

「カクテル・パーティ効果」といいます。


また、その背景として脳には

「選択的注意」というシステムがあるようです。

聞こうとしている情報を即座に検索して、拾い集めるというものですね。

だからこそ、聞きたいこと・知りたいことを事前に考えておくことで、

情報の入り具合が大きく変わってくると教えてくれます。

耳

自分に質問し、それを書き留めることで、

「選択的注意」が働くようになり、
脳はその本の中からその答えを必死に探すようになります。

結果として、あなたが学びたいことがしっかりと吸収され、記憶に残りやすくなるのです。


また、それに付随して、質問についても記されています。

質問はコミュニケーションの潤滑剤となり、大きなメリットをもたらすため、どんどんするべきであると述べた上で、

適切な質問やそのためのスタンスとして、以下のものが挙げられています。

①質問を考えながら聞く
→能動的になるので、深く話を聞くことができる

②相手に喜ばれる質問
→相手が話したそうなことや、話し足りなかった部分

参加者に喜ばれる質問
→他の人も知りたいであろうこと

④議論を深める質問
→話の流れに沿っている、テーマを深めるもの

上記4つのことを意識するだけで、

自分自身の理解が深まるだけでなく、会議がより良いものになるかつ、他の人のためにもなる

など良いことづくしですね。

「質問される」と人はうれしい。つまり、質問は人を喜ばせるものである。質問は、「相手のため」にもなるのです。

 

ガンガン質問していくよ!

 

本やセミナーでは、
学びたい内容を事前に自分に質問して、事前に紙に書いておく

重要ポイント4選

営業:メリットを伝える

握手

1つめは、「営業をする」の節です。

その商品を購入すると、クライアント(購入者)にどんなメリット、利益、得があるのか。

営業の場面で、機能紹介になってしまうと、ただの押し付けになってしまいます。

そうではなく、お客さんにとってどんなメリットがあるのか

これを考え、伝えることが重要であると教えてくれます。

営業の基本の部分かもしれませんが、基本であり、重要な土台であると気づかせてくれます。

「~ができる。~がすごい」 と商品の良さをただ言うのではなく、

「あなたは〇〇となる」
「〇〇の課題を解決できる。なぜなら~」

という形でお客さんにとっての価値を伝えていくべきであるということですね。

僕も以前上司に言われましたが、

主語は商品ではなく、あくまで「お客さん」であり、「お客さんがどうなるか」

という部分こそ大切なんですね。


だからこそ、相手の課題点に対しての価値を伝えるということが重要です。

機能紹介ではなく、
お客さんにとっての価値、メリットを提示する

自己紹介の6つのポイント

発表

記憶に残る自己紹介の6つのポイント

・誰にでもわかるように
→専門用語は使わずに、わかるように話す

・差別化ポイント
→自分の尖った部分、得意なこと、長所

・数字を盛り込む
→すごさが伝わる

・ビジョンを盛り込む
→自分が何を実現したいのか。行動や考え方の指針を盛り込む

・非言語コミュニケーションを意識する
→前を向いて笑顔で大きな声で、はっきりと

・自分らしさを追加する

ということで、上記のポイントを意識して、僕も「ブログ用の自己紹介」を考えてみました!

マイク

サラリーマンをしている、よこたつです!

今はTOEICにハマっており、900点を取る日を夢見て没頭しています。

ただ僕は、前世ナマケモノだったんじゃないかって思うくらい怠惰な人間で、

そんな自分を変えるべく、今TOEICやブログ、筋トレなど色々なことに挑戦しています。

僕の発信が、
少しでも皆さんの勇気や行動に繋がるきっかけとなったら何より嬉しいです。

将来は『人々の目標達成を応援するサービスを生み出したい』と考えています。

一緒に目標を目指していきましょう!
よろしくお願いします!

 

中身がどうかは置いといて!!

 


実際に考えてみることで、伝え方の整理がつきました。

もちろん、その場の場面や状況で入れるべき中身は異なるかと思いますが、

ぜひ、皆さんも自身のものも、一度考えてみてください

自己紹介のための鉄板の原稿を作っておく

板書ではなく、気付きやTODOを記す

「ノートをとる」という節では、
便利かつ学びを最速にしてくれる「ノートのとり方」を以下の通りに解説しています。

樺沢流ノート術

  • 1冊のノートにすべてをまとめる
  • 自分のこだわりのノートを持つ
  • 見開き2ページに収める
  • レジュメにメモしない
  • 細かくノートを取りすぎない
  • 気づきを3つ書く
  • TODOを3つ書く

ただ、上記のものはあくまで一例であり、自分の目的や性格によって合ったものを実践する重要性を説いています。

絶対的に正しい答えがあるわけでなく、

自分にとっての「最高のノート術」を自分で実践することを通して発見してほしいと思います。

僕自身、ノートのとり方はもっと改善したいと思うので、

これを機に色々試し、自分に合ったものを確立したいと思います。

ノートは細かく書かず、気づきやTODOを書き留める

「続ける」ための「5つの極意」

命

あらゆる場面においての成功法則のひとつは、「続ける」ことであると述べています。

メルマガやYoutubeなど、あらゆることを毎日続けてきた樺沢氏が「続ける」ための5つの極意を以下のように挙げています。

5つの成功法則

「今日やる」ことだけを考える
→先のことを考えればブレーキがかかる。

楽しみながら実行する
→まず、楽しさを発見すること

目標を細分化する
→頑張ればできそうな「ちょい難」な目標に

結果を記録する
→毎日記録をつけて、進捗を知る

結果が出たらご褒美をあげる
→目標達成でのご褒美でドーパミンが分泌

ドーパミンというモチベーションの「ガソリン」をいかにして補充するかが、「続ける」ためには重要です。

特に5つめのものに関しては、

僕もTOEICで900点を獲ることができたらair podsを買うと決めています。

air pods

これを手に入れてリスニングをもっと快活にやっていきたい!!

ご褒美があるとモチベーションが上がりますよね。

 

でもまだ全然900点まで届かず、中々手に入らないのは秘密です。

 
 

はよ手に入れろよ!!

 

続けるためには、脳が喜ぶ仕組みづくりをする

アクションプラン

アクションプラン

この本で学んだ、今日からやる行動

・本を読む前に、学びたいことを考え、記す

・ノートのとり方を変える
→要点を絞りながら

・質問の中身を意識する
→何の目的のための質問か

まとめ

まとめ

この記事で挙げた5つのポイントは、

・事前に「何を学びたいか」を意識する

・自己紹介には差別化ポイントを

・営業ではメリット、価値を伝える

・ノートは細かく書かず、気づきやTODOを

・「今日やる」だけを考えることで継続に繋がる

です。

ただ、まだまだ紹介しきれなかったものがたくさんあるので、是非気になる方は読んでみてください!

 

読んでみる~

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よこたつ

25歳サラリーマン。本で価値観が変わった経験から、読書が大好きになる。読んでよかったと思う本や映画、実際に自分が使って良かった、生活の質を高めるものをご紹介。

-

Copyright© よこたつログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.