NFT 最新記事

【NFT詐欺対策】保管用ウォレットの作成方法を徹底解説

この記事では、NFTの盗難対策に効果的な「保管用ウォレット」の作成方法をご紹介します。

NFTの保管用ウォレットを詐欺対策として作るべき理由

紙に

詐欺にあうリスクを大幅に減らせるからです。

 

NFT詐欺の大半が、詐欺サイトと知らずにアクセスやウォレット接続してしまい、勝手にNFTが抜き取られてしまうケースです。

 

「DMや偽サイトに気を付ければ大丈夫」と思っても、大切なNFTが入った
ウォレットでサイトに接続するのはリスクが高いです。

だからこそ、
・接続する用のウォレット
・保管用のウォレット

と分けることでそのリスクを減らせます。

3つ、4つと分けてる方もいるくらい
大事な対策なんです!

 

「やっておけばよかった。。」と後悔する前にサクッとやってしまいましょう。

5分~10分ほどで完了しますよ!

 

NFTの保管用ウォレット作成方法と転送の手順

見返す

手順

①Googleアカウント”プロファイル”追加
②新たにMetaMaskをダウンロード
③大事なNFTを転送する

順番にお伝えします。

 

①Googleアカウントのプロファイルを追加する

見返す

プロファイルの追加とは

1つのアカウントで別々の中身を使える
ようにすることです。

例) Netflixのアカウント共有
のようなイメージですね。

Netflixでも1つのアカウントで複数のプロフィールを作成して共有できますよね。

それと一緒です!

 

 

プロファイルを追加する手順

Googleを開き、右上のアイコンをチェック。

下の「追加」を押します。

「アカウントなしで続行」を選択します。

その後、「名前」「テーマカラー」を設定。(ここでは『保管用』としています。)

 

「完了」を押すと↓のように表示されます。

これで、プロファイルの追加が完了です。

 

②MetaMask(メタマスク)をダウンロードする

ブログ

新しいプロファイルが作成できたら、
そのままMetaMaskの公式サイト(https://metamask.io)にアクセスします。

 

↓「Download for Chrome」をクリック

「Chromeに追加」をクリック。

「拡張機能を追加」をクリック。

「開始」をクリック。

「同意する」を押して、

「ウォレットを作成」をクリック。

 

パスワードを決めて「作成」を押します。

「次へ」を押し、

シークレットリカバリーフレーズのメモに移ります。

「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」を押して、

出てくる単語を必ずメモしましょう。

 

※絶対に他人にこの単語は教えないでください。

資産が盗まれてしまいます。

 

メモしたら、「次へ」を押します。

↓先ほどメモした単語を入力して「確認」を押して、

「すべて完了」をクリック。

これで保管用となるMetaMaskの作成が完了です!

 

このあと使うので、保管用メタマスクのアドレスをコピーしておきましょう。

 

③保管用ウォレットに大事なNFTを転送する

作業

Googleアカウントの元々のプロファイル
に戻り、Openseaから元々のマイウォレットを開きます。

 

転送したいNFTの左下、「・・・」を押して「転送」を押します。

 

「続行」をクリック。

 

↓に先ほどコピーした、新しいウォレットのアドレスを入力します。

※絶対に間違えないように注意してください

ガス代の確認をして、転送完了です!

お疲れさまでした。

※正しく送信できたか確認したら、保管用ウォレットは基本触らないようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

詐欺対策として保管用ウォレットを作成して、大事なNFTを保管しましょう!

 

さて、今は国内のNFTプロジェクトがアツいですよね。

その中でも特に話題沸騰中なのが、
しきぶちゃんNFT『Shikibu World』です。



リリースは12月11日、
楽しみですね。

しきぶちゃんの最新情報やプロジェクトの裏側を覗き見できる、「キャラDAO」は要チェックです!
→キャラDAOはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よこたつ

26歳副業ブロガー。生活がちょっと豊かになるお金の知識や本の内容を解説。実際に自分が使って良かったものや、家族や友人におすすめできるものをご紹介。

-NFT, 最新記事

Copyright© マネールーキー , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.