節約

楽天モバイルのメリット・デメリットを徹底解説!実際どう?

今回は、楽天モバイルについてです。
実際使っている僕が感じた感想を含めて、メリットとデメリットを解説します。



 

メリット

メリット

わかりやすく、安い」料金体系
国内通話料が無料
・キャンペーンのポイント額が大きい
楽天市場でポイントUP(最大+3倍)
・楽天ポイントでの支払いが可能

他社と比較した時に上記5点が特に優れている点です。順番に見ていきましょう。

 

「わかりやすく、安い」料金体系

●月々の料金体系 (税込)
~3GBまで  1,078円
~20GBまで 2,178円
20GB~     3,278円

となっています。

他社と比較しても、安い価格設定です。
100GBでも200GBでも定額無制限に使えるのも、大量に使う方にとっては嬉しいですね。

 

さらにテザリング自体も無料でできるので、wifi用として利用することも可能です。

※2022年10月31日までは「1回線目のみ1GB未満で実質無料」のキャンペーンも実施中です。

 

国内通話料が無料

なんと「Rakuten Link」という無料アプリを使うと、国内の通話量が無料です。
(相手がこのアプリを持ってなくても使用可)

※通常の電話アプリは有料(30秒22円)なので、電話の際はこちらのアプリを使用してください。

 

キャンペーンのポイント額が大きい



初めて楽天モバイルのプラン申し込みで最大8,000ポイント(楽天ポイント)もらえます。

キャンペーン達成の手順

①スマホが対応端末かを確認する
②楽天モバイルへ申し込む
③SIMカード到着後プラン利用開始
④Rakuten Linkを使用し10秒以上の通話

※初めて申し込みの方限定。
申し込みの翌月末日までに上記を達成すれば、8,000ポイント付与されます。

キャンペーン詳細はこちら

 

※①対応端末に関して
大部分のスマホが楽天回線に対応していますが、すべてではないです。
必ずお持ちのスマホが楽天モバイルに対応しているかを確認しましょう。

さらに、楽天モバイルの申し込みと一緒に、対象のiphone端末を新しく購入すると
最大24,000ポイント還元のキャンペーンも実施中でスマホ切替を検討中の方はお得です。

 

楽天市場でのポイントアップ(最大+3倍)

楽天モバイルを利用することで、楽天市場でのお買い物が最大+3倍になります。

内訳としては、
●楽天モバイル 契約で+1倍
●楽天モバイル UN-LIMIT契約で+1倍
ダイヤモンド会員はさらに+1倍

楽天モバイルに契約したら、
自動的にUN-LIMITプランの契約となるので会員ランクに関係なく+2倍は確定です。

詳しくはこちら

 

※キャリア決済利用でさらに+0.5倍になりますが2,000円以上購入が必要です。

 

楽天ポイントでの支払いが可能

楽天ユーザーにとって嬉しい点です。
楽天ポイントを月々の楽天モバイル利用料金に充てられます

これにより、よく期限が切れそうになる期間限定ポイントも無理なく消費できます。
月々の携帯代を実質0円にできるのは嬉しいですよね。

ポイント利用設定画面の例

 

デメリット

デメリット

・楽天回線エリアが限られている
・通信速度が遅い、「圏外」の
時がある
・Rakuten Link(電話)アプリの音質悪め
・1日10GB以上使うと速度制限になる

順番に解説します。

 

楽天回線エリアが限られている

楽天モバイルでは独自回線を利用しており、場所によってはまだ楽天の電波が届かない地域があります

ただ公式サイトによると人口カバー率97%を超えており、大部分の方は楽天回線エリア内かと思います。

ご心配な方は公式サイトでご確認ください。

また楽天回線エリア内でも、
地下や高層階では楽天回線が届かないケースがあります。

上記の場合や楽天エリア外の場合は
自動で「パートナー回線(au回線)」に切り替わり通信を行います。

楽天モバイル 利用状況の画面例

ただパートナー回線利用は月々5GBまでとなっており、その上限を超えると通信速度が遅くなりますのでご注意ください。

 

さらに、楽天回線やートナー回線を上手く受信できずに圏外となるケースもあるので注意です。
↓で解説します。

 

通信速度が遅い、「圏外」の時がある

スマホ

 

多くの方が不安視しているのはこの部分ではないでしょうか。
楽天モバイルは「圏外になりやすい?」という噂もよく聞くと思います。

 

あくまで個人的な感想ですが、たまにネット接続が遅いと感じたり、圏外になる時も確かにあります

特に、地下鉄の駅やJRの駅、ビルなどで電波を受信できず圏外になることがあります。

ただ僕はそこまで気にならずに使えています。

口コミを見ていると
「遅い」「圏外になる」という意見もあれば、
「特に問題なく使える」という意見も見受けられます。

 

生活圏の場所や感じ方にもよると思うので、実際に使ってみて判断いただくのが一番良いかと思います。

 

Rakuten Link(電話)アプリの音質は悪め

マイク

無料通話は確かに便利ですが、
音質が悪めだと感じています。

全然聞き取れますが、少しこもったような声に感じたり、たまに自分や相手の声が途切れてしまうこともあります。

これは、電話をする時の電波状況に依存しているようです。
仕事での使用は避けた方がよいですね。

※また、wifiに繋いでいる状態で電話をかけると「非通知」表示となります。
詳しくは公式サイトでご確認ください。

電話の際はwifiを切るといいですね。

 

1日10GB以上使うと速度制限になる

公式サイトでは見受けられませんが、口コミを見ると1日で10GB以上使用で、速度が最大3Mbpsになってしまうようです。

ただ仮に超えても翌日には速度制限は戻るようです。
大量にデータ消費する方はご留意ください。

 

楽天モバイルがおススメの人は?

意思決定

上記、メリットとデメリットを踏まえると、
楽天モバイルは合う人と合わない人がいるかと思います。

結論、楽天モバイルが合うのは、以下の4つに該当する方です。

「大手キャリアがいい」
「1GB以上使用する」
「通話料は無料がいい」
速度よりも安さを重視したい」

 

各社キャンペーンポイントや通話料を加味し、料金を他社比較した上での個人的な見解です。別の記事で、後日詳細は記載します。

 

楽天モバイルが合わない人は?

悲しい

逆に合わない人の条件はシンプルで、

「速度が遅い、接続が悪いのは絶対に
避けたい」

という方です。

これに該当する方は、楽天モバイルにするとミスマッチの可能性が高いので、やめた方がいいでしょう。

 

楽天モバイルから乗り換えるなら?

結論

僕は楽天モバイルに変えてから今7か月ほど経過しています。

 

普段、月々15GBほど使用しており、たまに速度が遅いと感じることもありますが、
そこまで不具合は感じていないため、今後も楽天モバイルを使っていくつもりです。

 

ただ、もし今後通信速度などが気になって乗り換えるとしたら、他社比較した上でahamoかなと感じました。

「大手キャリア」「月20GB」「通話料5分無料」「安さより速度重視」が叶うのがahamoだからです。

ahamoをチェックする

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)

まとめ

まとめ

今回は楽天モバイルのメリットデメリットをご紹介しました。安く大容量を使いたい方にはおすすめです。

導入や解約は無料でキャンペーンの8,000ポイントももらえるので、一度使って合うかどうか判断するのもアリだと思います。

「条件さえクリアすればすぐにやめてもキャンペーンのポイントは付与される」と公式HPに記載があったので、
気になる方は無料で試してから判断がいいですね。

↓気になる方はチェックしてみてください。

 

↓楽天経済圏が気になる方におススメの記事

【楽天カード】実際に使った上でのメリットとデメリットを徹底解説!

続きを見る

【楽天ペイ】還元率2.5%!?メリットや使い方を徹底解説!

続きを見る

↓10分で1000円もらえる「みんなの銀行」

10分で1000円もらえると話題!「みんなの銀行」の口座開設方法や出金方法を解説

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よこたつ

26歳副業ブロガー。生活がちょっと豊かになるお金の知識や本の内容を解説。実際に自分が使って良かったものや、家族や友人におすすめできるものをご紹介。

-節約

Copyright© マネールーキー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.