お得情報

【2022年版】ふるさと納税とは?メリットやデメリット、やり方を徹底解説

単語

今回はふるさと納税について紹介します!

この記事でわかること

  • ふるさと納税とは?
  • メリット・デメリット
  • 実際のやり方

 

ふるさと納税とは?

意思決定

ふるさと納税

生まれた故郷や応援したい地域など、
好きな自治体を選んで寄付ができる制度

 

”今、居住地に納めている住民税の一部を別の地域に納めて、地域の活性化に繋げよう”
という趣旨のものです。

 

ただ、カンタンに言うと、

【実質2,000円で数万円相当の特産品がもらえる】

ものです!

流れとしては、

ポイント

①ネットで商品を購入し、手続きをする
②それが税金の前払いという扱いになる
③結果、安く地域の特産品が手に入る

 

というイメージです。

何もしなくても、結局払うはずの税金
ならばふるさと納税を活用して少しでも得をしちゃいましょう!

 

ふるさと納税のメリットとデメリットは?

プラン

メリット

・普段払う税金で良いモノを得られる
・寄付する自治体と使い道を選べる
・毎年行えて、各地の特産品を楽しめる

 

デメリット

・自己負担額2,000円は必要
・まとめて買うと、支払い額が多くなる
・手続きを忘れると損をする

しっかりと手続きさえすれば、間違いなくお得な制度です。

ふるさと納税の手順

全体設計

大きく3つです。

①購入上限金額を知る
②商品を購入する
③手続きをする

順番に見てみましょう。

①購入上限金額を知る

貯金

ふるさと納税ページから商品を購入すると、
返礼品という地域の特産品を受け取れます。

ただ、収入によって対象となる上限金額が変わります

年収が高いほど上限金額も高いです。

楽天ふるさと納税のシミュレーター

で計算すると、

年収200万円 → 16,470円
年収400万円 → 43,905円
年収600万円 → 79,650円

この上限金額までであれば、

購入金額-2,000円
をふるさと納税として申請できます
(税金の前払い扱いにできます)

まずご自身の上限金額を計算しましょう!

 

②商品の購入

ブログ

使える金額がわかったら、
特産品売り場

でお買い物をしましょう!

・楽天ふるさと納税、
・さとふる

などのサイトで、

普段のネットショッピングのように商品を選ぶことができます。

 

おすすめは
楽天ふるさと納税

です!

5か0がつく日に買えばポイント+2倍になるなど、ポイントも多くつきお得です。

 

購入金額の例

プラン

年収350万円→上限額は36,229円
だったので合計35,000円分買った場合。

例)
・北海道産いくら 15,000円
・宮崎県産豚肉  10,000円
・和歌山県産みかん10,000円

合計35,000円から2千円を引いた33,000円が来年の税金から引かれます。

つまり税金の先払いです。

 

※引かれる税金は「翌年6月~翌々年5月分」にほぼ均等に反映されます。

ex)2022年のふるさと納税分
→2023年6月~2024年5月分の税金(主に住民税)から引かれます。

 

③手続き

見返す

ふるさと納税は商品の購入後に、
必ず手続きをする必要があります!

 

ただ購入しただけでは、自治体がふるさと納税かどうかわからないので、

「ふるさと納税として商品を買いました。払った分を来年の税金に充ててください!」

という手続きが必要です。
ただ、カンタンなのでご安心ください。

 

手続き方法は2パターン

意思決定

ワンストップ特例制度と確定申告の2パターンです。

ワンストップ特例制度
→自治体が手続き

確定申告
→個人で手続き

というざっくりとした解釈をしてください。

 

おススメはワンストップ特例制度です。

理由は、よりシンプルで簡単だからです。

 

手続きの内容

①商品購入ページで
『ワンストップ特例制度を利用する』を選択

②購入した各自治体から書類が届く

③必要事項の記入や身分証明書のコピーを添付して返送する

 

この手続きには期限があるので、注意です!
※翌年の1月10日までに必着なので、必ずやりましょう!

2022年の場合、2023年の1月10日必着です。
年始はバタバタするかと思うので、年内に送ってしまいましょう。

 

※以下のいずれかの場合、ワンストップ特例制度は使えません

・元々確定申告をする必要がある
・1年間の寄付先が6自治体以上

 

その他の注意点は?

感じたこと

寄付金額上限は目安

見返す

もし上限を超えたらその分は自己負担となります。
実際に買う金額は上限額よりも少なめにした方が良いです。

 

特産品は寄付金額の3割以下の内容

お返しの特産品は、あくまで寄付に対しての返礼品(お礼の品)だからです。

例)1万円の肉→実際は3,000円相当の肉

 

節税ではなく、税金の前払い

支払う税金の金額が減るわけではありません

でも税金の前払いで、おいしいものがゲットできるいい制度です。

 

収入が高ければ高いほど得をする制度

必ずご自身の年収から寄付できる上限を計算しましょう。

 

まとめ

まとめ

ふるさと納税は、
どっちみち払うはずの税金を活用して、色々な食品やモノがゲットできるお得な制度です

是非今年からやってみましょう!

楽天ふるさと納税はこちら

 

↓こちらもおススメ

10分で1000円もらえると話題!「みんなの銀行」の口座開設方法や出金方法を解説

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よこたつ

26歳副業ブロガー。生活がちょっと豊かになるお金の知識や本の内容を解説。実際に自分が使って良かったものや、家族や友人におすすめできるものをご紹介。

-お得情報

Copyright© マネールーキー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.