【決定版】超おすすめの自己啓発本「夢をかなえるゾウ」で学べることとは?

夢をかなえるゾウ

今回は、「夢をかなえるゾウ1」を紹介します。

僕の一番好きな本です。

最高に心に響く1冊で、一人でも多くの方に読んでほしい本です。
僕はこの本を読んで、感動で涙が出るとともに、日々の行動も変わりました。

今でも時々読み返して、元気をもらっています。それくらいにおすすめの本です。

ではいきましょう!

100文字あらすじ

成功したい!と泣きながら願うサラリーマンの前にガネーシャというゾウの神様が現れ、29個の課題を出すがその内容は簡単なものばかり。

果たして主人公は成功を勝ち取れるのか?小説形式による自己啓発書の決定版。

 

特におすすめしたい人

シェア

・やりたいことや叶えたいことがある人

・今の自分の環境にモヤモヤしていたり、少しだけでも変えたいと思っている人

・面白い本を読んで、元気や勇気をもらいたい人

 

主人公が20代後半のサラリーマンなので、そのあたりの人にとってはとても共感しながら読むことができるものだと思います。

この本の3つの推しポイント

全体設計

①実行に移しやすい

自己啓発の本って、抽象的なことが書いてあることが多いですよね。

「確かに本質なんだろうけど、具体的に何をしたらいいんだ、、」
という気持ちになることが多いと思います。

ただこの本での教えは、どれも具体的なものとなっており、今日から実行できるものばかりです。

②本が苦手でもスラスラ読みやすい

小説であり、かつとても読みやすいため、本が苦手な僕でも自分と重ねながら楽しく読むことができました。

とても読みやすく、一気に読んでしまったのを覚えています。

 

③笑いあり、涙ありの感動ストーリー

ガネーシャと釈迦というキャラクターの兼ね合いはとてもおもしろいです。

個人的にはガネーシャと釈迦というキャラクターのコントが好きです。

 

○5つの教え

この本では、29個の教えが記されています。
今回はその中から5つ紹介します。

1.靴を磨く

「ええか?自分が会社行く時も、営業で外回りする時も、カラオケ行ってバカ騒ぎしてる時も、靴はずっと気張って支えてくれとんのや。

そういう自分支えてくれてるもん大事にできんやつが成功するか、アホ!」

いつも重い体を支えてくれてありがとう!という気持ちが溢れてきますね。

確かに靴を磨くようになってから、仕事へのモチベーションは倍増しましたし、仕事への自信も溢れてきました。

2.トイレ掃除をする

「トイレ掃除をする、ちゅうことはな、一番汚いところを掃除するちゅうことや。そんなもん誰かて、やりたないやろ。

けどな、人がやりたがらんことやるからこそ、一番喜ばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。」

この本を読むまでは、トイレ掃除とか大嫌いでしたが、
読んだあとに実践すると、本当に心がスッキリするのを感じました。

心に余裕が生まれる感覚を感じることができます。

3.運が良いと口に出して言う

励ます

「自分にとってうれしゅうないことが起きても、まず嘘でもええから『運が良い』て思うんや。

口に出して言うくらいの勢いがあってもええで。そしたら脳みそが勝手に運がええこと探しはじめる。

自分に起きた出来事から何かを学ぼうと考え出すんや。そうやって自然の法則を学んでいくんや」

言葉の偉大さを教えてくれます。

自分自身が一番耳にするのが自分の声や言葉であり、意識や気持ちに大きな影響を与えるからこそ、

言葉を変えて、自分の意識をコントロールしていくことが重要ですね。

 

この内容は、『言葉は現実化する』という本で詳細に書かれており、おすすめです。(著者は別の方です)

4.その日頑張れた自分をホメる

楽しい

これからはな、毎日寝る前に、自分がその日頑張れたことを思い出して『ようやったわ』てホメや

そうやってな、頑張ったり成長することが『楽しい』ことなんや、て自分に教えたるんや

一日の終わりに嫌なことを思い出すのではなく、いい気持ちで一日を終えることで自己肯定感は高まっていき、

自信もついてくるということを教えてくれます。

また、頑張ったことを口に出すことで、充実感を再認識することができ、また明日も頑張ろうという気持ちにもなれますね。

 

5.決めたことを続けるための環境を作る

やる

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」

「~、自分がこうするて決めたものを実行し続けるためには、そうせざるを得ない環境を作らないかんということや。

ただ決めるだけか、具体的な行動に移すか。それによって生まれる結果はまったく違ってくるんやで」

ガネーシャは、やると決めても続けることができない主人公に伝えます。

”人間は意識を変えることはできない”

今日変わろうと思って、頑張っている自分を想像するのは楽なことであり、

”意識を変えようとするのは、逃げ”であると。

 

〇〇をやる!と決めている時は興奮していて、
考えているだけだからこそ、

安心安全で楽であり、実際は何も頑張っていない。だから変わらない。

実際に行動を起こして仕組みで変化を起こすことが大切であると教えてくれます。

 

正直ここは、自分に当てはまりすぎてグサッと来ました。。

僕は3日坊主マンといえるほどのすぐやめてしまうことも多かったのですが、

実際に環境を作っていくことの重要性を強く感じました。

例)テレビを見ないと決めたら、コンセントを抜く

 

まとめ

まとめ

ここで紹介したガネーシャの教えの5つは、

・靴磨きをする

・トイレ掃除をする

・運が良いと口に出して言う

・その日頑張れた自分をホメる

・決めたことを続けるための環境を作る

です。
他にもまだまだ教えはたくさんあります。

そして、僕は初めて読んだ時、この本の最後のガネーシャの言葉が、やけに今の自分自身に響いて、涙が出ました。

是非皆さんにも楽しんでほしいので、ここには記載しません。読むたびに毎回泣いています(笑)

それくらいには良い本ですので、人生変えたい!と思う方は是非読んでみてください。


 

 

ちなみにこの本はシリーズとなっており、1から4まで出ているのですが、どれも本当に面白いです。

強いて順位をつけるとしたら個人的には1が一番好きです。

1→3→4→2の順に好きです。
ただ、甲乙つけ難く、ほぼ誤差です。


大好
なこの本が一人でも多くの方の手に届き、何かのきっかけになると嬉しい
です。

 

そしてなんと、こちらの「夢をかなえるゾウ1」、

今話題のAudibleであれば無料で聴くことができます。

ヘッドホン

Audibleとは?

本をラジオのように聴くことができる、Amazonのサービスです。

「聴く読書」という新しい経験でワクワクしつつ、
1冊分無料で本の内容を理解することができます。

詳しくはこちら↓

Audible(オーディブル)を
1ヶ月無料で体験してみる

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よこたつ

25歳サラリーマン。本で価値観が変わった経験から、読書が大好きになる。読んでよかったと思う本や映画、実際に自分が使って良かった、生活の質を高めるものをご紹介。

-

Copyright© よこたつログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.